2009年09月18日

お引越しのおしらせ

ブログの引越しをします。


新しいブログは、アメブロです。
だって・・・変なコメントが多いんだもの。
更新しねぇクセに、って感じだけど(笑)

新しいブログ「JUST MOVIN' ON」のURLはこちら↓

http://ameblo.jp/hold-my-soul/


更新は相変らずの気まぐれになると思うけど、よろしくお願いします。
そして、お気に入りに登録されている方は、新たにこちら ↑ の登録をお願いします。
このブログもかなり長く続いたものなので、削除はしません。
アメブロにデータを移植できるようだけど、オリジナルを生かしたいからね。

以上!
posted by 14da at 19:55| 🌁| Comment(40) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

威厳〜Dignity〜

本日のBGM:Angela Aki「大袈裟に「愛してる」」from"HOME"







この前久しぶりに棚から引っぱり出してきたら、超いい曲。
どちらかというと恋の歌は暗いイメージが強かったのでね、アンジェラ・アキって。
「大袈裟なくらいが ちょうどいい」っていうフレーズが、強くこびりつく。
今の自分の心境を歌ってるようだ。
いま、iTunesで流してたんですが、この曲の後にいきなり「おまえも蝋人形にしてやろうかっ!!」とデーモン小暮閣下が叫んでびっくり(笑)
シャッフルって怖いわ。

さてさて、恋愛ですけどね。
最近、このブログも更新頻度が恐ろしく低いけど恋愛日記になりつつありますね(笑)
仕方ない、今、仕事か恋愛か酒を飲むしかしてないんだから。
それはちょっと言いすぎだけど、生活の3本柱は間違いなくそれだからね。

先日、彼女の上司から公開処刑された話を書いたと思います。
その後。
彼女に電話をしました。
まぁ、俺が注意を受けた当日にメールで報告したら、珍しく憤ってたので、ね。
それと、ブースや喫煙所で顔を合わせながら何もできないことが歯痒くて、まともに会話できないことに焦れてたんですよね。
「もう限界だ!」と思って、電話してみたわけ。
普通に「電話していい?」とだけメールしても流されちゃいそうなので、ちょっとわざと深刻なふりして文面を装ったんだけどね。
そしたら、彼女の方から電話がかかってきました。

「どうしたの?」と彼女。
だけど、ちょっと声のトーンは低く、声の裏に不安が滲み出てた。
嫌だね、コールセンターで働いてると、声で何となく相手の空気がわかるようになっちまう。
それができなきゃ仕事にならんのだけどね。
とりあえずまぁ、その、公開処刑の話を報告。
それから、彼女がどんな感じで注意を受けたのかを訊いてみた。
「んー、そんな深刻な感じじゃないよ〜。ゆき(俺)が注意された次の日なのかなぁ、○○さん(上司)から『14daくんから連絡あった?』なぁんて訊かれるくらいだったからね」と彼女。
問題は、彼女の上司に密告した女がいること。
その女が、彼女をいびってるお局なんだそうだ。
喫煙所で仲良く話してる姿、ウチのオペレーターさんもそうだけど、彼女のチームのオペレーターさんの間でも噂になってたようで、それがお局に伝わり、その噂に尾ひれをつけておっきく膨らませて上司に密告したんだそうだ。
女の僻みって怖いね。
彼女はだいぶ憤ってたけど。
俺もすんごい腹立ってます。

とりあえずまぁ、そこから色々彼女の愚痴を聞いてあげて、俺も、「すんごく嫌なことがあったら連絡してね」といつもの言葉を投げかけておいた。
それで連絡をよこさないところがまた、いいんだけどね。
愚痴だらけになるのはね、それもどうかと思うし。
自分の中で消化しようとする姿は、人として尊敬できる。

そこで、ちょいと思い切って、「今度、来月にでもどこか出かけようよ」と提案してみました。
彼女も乗り気です。
前ほどではないけどね・・・。
やっぱ、休みを合わせるとばれそうだというのがあるので、気を遣うんだろうね。
しかし、俺は来月夏休みで9連休がある。
だから、そこでどうにか調節できればなって思ってます。
夏休みの日取りも教えてあるしね。
おまけに、来月は休日が多い。
その分休みも多いので、うまい具合に調節できると期待してます。
休みが合えば、今度こそデートします。

その後、相変らずブースでは他人のような接し方をしてます。
ただ、この前俺だけ残業して、オペレーターさんが使うシートをコピーしてたんだけど、トナーが切れた。
そのシートをコピーするのが、彼女のチームのコピー機なので、トナーのありかなどわかるはずもなく。
ほかの管理職に訊くつもりだったんだけど、皆ふさがってたのね。
たまたま声をかけられる状況にあったのが、彼女だけ。
「トナーさん、ありがとう!!」って感じでしたよ(笑)
でも、彼女のすぐ近くで、彼女の上司とお局が話をしてたのね。
一瞬躊躇ったけど、訊かなきゃ帰れないし、逆にそこで節度を守って接してる姿を見せられたらプラスじゃないかという打算が働き、「○○さん(彼女の苗字)、あそこのコピー機のトナーってどこにあるんですか?」と努めて事務的に質問。
言葉で示せず、図でもありかを示せず、かなりテンパってましたけどね(笑)
結局、トナー置き場まで案内してくれたんですけど、笑顔だったねぇ。
こういうのもいいなって思いました。
甘い会話をしたわけでもないけど、ブースの扉からトナー置き場までの数メートルでのアイコンタクトで、伝わるものはありました。
そこも気を抜けないから、俺はあえて甘い雰囲気を出さなかったんだけど。
一応俺のほうが在籍が長いし年も上だから、俺が彼女にタメ口を訊く分には問題ないんです。
ただ、ちょっとくらい焦らした方が効果的なのかなって思ったりもしました。

もしくは、強引に行くか、ね。
そこはちょっと悩んでるところ。
何もしなければ何も起きないかなっていうのが本音。
なので、職場での触れ合いが制限された分、電話やメールをくどいほど送るくらいしかできないんですけどね。
できれば、彼女の同僚で彼女と仲がいい女性を取り込みたい。
その女性とは、お酒の席で一緒になると一番よく話すんですよ。
まだ俺と彼女が喫煙所で話してるときも、その女性は温かく見守りつつ、3人で話したりもしてたし。
なんとしてでも来月、デートしたい、それだけです。

仕事の方は、順調ではあるけれど、面倒になってきました。
アラが見えすぎるというか、そんな感じ。
コールセンターの管理職歴が長いアネゴが音を上げかけてる現状は、相当なものなんだと推測できます。
俺は管理職として働くのは今のところが初めてなので、比較ができない。
ただ、前の職場の管理職の仕事を見聞きしてると、業務内容はウチのほうが比較にならないほどきついなって思います。
人間関係が円滑なのが何よりの救いですが。
この前も定休日に管理職3人が取引先の研修を受けたんだけど、そのときもアネゴに「ハニーとはどうなの?注意されてたけど?」なんて、この前の話について質問されたりしてね。
俺も二人を信じてるので、状況を説明するほど。

ただ、俺もだんだんとブースの全体が見えるようになってきて、「いつまでも甘い顔してられねぇな」と思うようになってきました。
怒ります、最近。
問題児にもある程度寛容に接してきてたんだけど、さすがに限界。
俺だけ我慢してられないわ、さすがに。
相手によって注意の仕方は変えます、当たり前だけど。
あくまでも、いい方向に自尊心をくすぐるように仕向けます。
あとは、他のオペレーターさんの士気が上がるような方法でね、時には。
それこそ、みんなの目の前で俺が怒るというのができるようになってきました。
今までしないし、普段は絶対にしないし、他の二人がピリピリしてるからこそ常に笑顔でいるし、だからこそ効くんです。
「14daさんを怒らせるのは相当なことだ」というのがインプットされてるので、こちらとしては非常にやりやすい。
ただ、怒りを多用すると効果がどんどん薄れていくので、その辺は調節してますけどね。
節目節目で出してます。

威厳というものを持たせたいです。
まだまだナメられてますね。
基本イメージは今のままでいいんだけど、ビシッとしたいですね。
いじられキャラだから、仕方ないか(笑)

とりあえずまぁ、彼女にちょっと積極的に働きかけたいですね。
思い返してみたんですが、俺の誕生日、彼女の誕生日、出会った日(去年の忘年会)、連絡先を交換した日、告白した日、これ、全部3の倍数なんです、月も日も。
そうすると・・・9月の3の倍数の日は、何かあるかもって思っちゃいますよね。
去年の12月・3月・6月、って来てますから。
9月はちょっと勝負をかけます。
向こうから告白させるようにね。
向こうの気持ちが熟さなきゃ絶対にイエスって言ってくれないので、そう言わせるように仕向けます。

今月下旬は忙しいので、もしかしたら次の更新は遅いかもしれませんが、どうぞ温かく見守ってやってください。
ではでは、また。
posted by 14da at 17:51| ☁| Comment(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

お久しぶりすぎ。

本日のBGM:SIAM SHADE「LOVESICK〜You Don't Know〜」from"SIAM SHADE XI"






「恋煩い」ですか。
まさにそうだな。
もちろん、ちゃんと仕事はしてますよ。
実績も残してますから。

それにしても、先月は一度も更新しないという体たらく。
ひどいな。
mixiですら更新が遅れてる。
書くことからこんなに遠ざかるというのは、ちょっと致命的かもな。
すいません、ほんと。

まぁ、7月はなかなか忙しくてね。
俺の仕事はルーティーンワークでもあり、変化もつけなきゃいけないというものなんだけど、最近はその「変化」の時期なんですよ。
でもって、上司から初めて担当を任されてね。
クライアントから突きつけられた目標があるんですが、その中でも結構柱となるようなものです。
なんていうか、結果が数字として出るものです。
なので、手抜きができない。
もとより、自分がやることに手を抜くのは嫌な性分ですけどね。

その仕事もとりあえず、本年度は続くものなんだけど、初月の7月は、目標を大幅に達成しましたよ。
クライアントも上司もすごい喜んでくれてます。
昨日、上司に「ありがとう」と言われ、握手まで求められました。
普段あんまり労ってくれないタイプなので(男に厳しい)、ちょっと感動。
嫌な上司でも、ね(笑)

仕事が充実するのは悪いことじゃないけど、まぁ、その分ストレスも増えるわけでね。
プライベートの充実が最優先事項だと、俺は思ってるので。
最近は家にまっすぐ帰らずにどこかで飲み食いすることが増えました。
実家はもはや宿ですよ。
ボケた婆さんの相手をするのも、母ちゃんの愚痴を聞くのも辛い。
一人暮らしをするためには節約しなきゃならんのだけど、家にいるのが苦痛でならない。
食卓を囲うのが一番苦痛。
なのでね、どんなに疲れてても必ず外出するようにしてます。
幸いなことに、心の調子は抜群にいいのでね。
たぶん、家にいないことが功を奏してるのかもね。

恋愛は・・・障害だらけです。
彼女の上司に関係が半分ばれた。
で、パワハラですよ。
「彼女には30まで恋愛禁止って言ってるんだからね。あたしを怒らせたら怖いよ〜」って、半分冗談、半分本気で言われちゃった。
手は出すけど(笑)
でも、怒らせないようにしなきゃな。
まぁ、それも恐らく、彼女をいびるお局を意識して俺に釘をさしたんだと思うけどね。
だけど、ブースのど真ん中でそれを言うのはどうだか。
っていうか、人の恋愛に干渉するのは、俺の美学に大きく反する。
職場恋愛を禁止するなんて、ひどいわ。
まぁ、確かに俺らも節度がない部分もあったから、反省すべき点はあるんだけどね。

めげないよ。
そもそも、職場恋愛って隠し通すのが鉄則だから。
ま、まだ付き合ってないからいいかって思ってたけど、これからはハマグリのように口を固く閉ざしますよ。
信頼できる人間なんていない、そのくらいに思ってます。
職場以外の人間にはフルオープンですけどね(笑)
職場でも、信頼するお姉さん(部下)に相談しまくりですが、その人だけ。

色々大変ですが、ま、頑張ってます。
仕事は否応なしに頑張らなきゃいけないので、恋愛だな。
こんなことで諦めてたまるか。
ますます彼女にアプローチしにくくなったけど、頑張る。
そんな感じ。

さて、寝るか。
posted by 14da at 22:41| ☔| Comment(4) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

愛だろ、愛

本日のBGM:aiko「横顔」from”秘密”






aiko好きな彼女に触発されて購入(笑)
ちょっとしか聴いたことのなかったこの曲だけど、すごくいい。
ラブリー(笑)
そして、俺の心境も結構表してるんだよなぁ。
泣けちゃうくらい切ない。
好きな女にこんな曲歌われたら、ヤバイな。

前回の日記からまただいぶ月日が流れてしまいましたね。
色々あった。
どこから話せばいいのか。

とりあえずね、9日に食事に行きました。
俺の地元で飲むことになってね、急に。
前日に決まったので、即お店をリサーチしましたよ(笑)
実家が地元の繁華街に近すぎると、なかなか行かないんですよね。
最近は家に帰りたくなくて、よくバーへ行きますけどね。

結局、ゆっくり会話のできるお店をチョイスし、そこを彼女に提案し、快諾してもらえました。
初めて行く店で、俺も調べてようやく知ったんですけど、ムード満点。
二人席はカップルシートとテーブル席があったんですが、彼女にチョイスを委ね、テーブル席に。

最初は、彼女の仕事の愚痴を聞いてました。
ま、そういうコンセプトで食事をすることになってましたからね。
ほんとに彼女が辛そうなので、まずはそこ。
でも、吐き出してすっきりしたようです。
「同じチームの人には絶対にいえないから」って言うので、「だったら俺が聞くよ」なんて感じでね。
俺は自分のチームの先輩方に助けられたからさ、恋愛感情抜きで、助けたいっていう気持ちがあるからね。

その後は、お互いの持病と過去の恋愛の話。
「持病は個性だ」とか「病気をすることで得てるものが必ずある」という彼女の言葉は、俺の価値観と合致。
すごく色々考えてて、敬意を表するね。
そして、俺に対しても、「私はゆき(と、呼ばれてます)が持病があるからって色眼鏡で見ないし、むしろそれを乗り越えて今があるから・・・」なんて感じで、今の俺自身を受け入れてくれてるのね。
過去に持病が原因で恋愛に失敗し続けてることも伝えちゃった。
それでも、受け入れてくれた。

彼女は彼女で、結構なものを抱えてるしね。
恋愛も、結構辛いものたちだったね。
本人は笑い話にしようとしてるけど、相当なトラウマがあるそうだ。

そんな話をずっとしてて、「やっぱり、この子だな」って思ったんですよ。
彼女の終電の時間もどんどん迫る中、俺は二度目のトイレで決意しました。
「今日、とりあえず俺の気持ちだけでも伝えよう」って。

お会計を済まし、俺は自分の気持ちを切々と語りました。
半年前に初めて喋ったときから気になる存在だったこと、連絡先を交換できて仲良くなれて最高にうれしいこと、彼女を知れば知るほどどんどん惹かれていっていること。
そして、今彼女が心身ともに辛いことがわかるから、返事はいつでもいいけど、俺は彼女のことが好きだ、と。

彼女は、即答してくれました。
「こんな私でよかったら、お願いします」って。

とりあえずその日は、そのまま彼女を駅まで送り届けて帰りました。
手をつないだりしましたが、好きな女の子と手をつなぐのがほんと5年以上ぶりだったのでね、ありえないくらいドキドキしましたね。
やっぱ、愛だよ、愛。

しかし、翌日に急展開。
「前向きな後退」という感じですけどね。
彼女も即答しつつも迷いとトラウマと、現在の心身ともに脆い状態にジレンマを感じているようでね。
「今、ほんとに心身ともに脆い状態だから、もうすこし今までの関係でいたい」と。
だけど、そこには同時に「ゆきのことが気になる存在だっていうのは揺るぎない事実だから、私の気持ちが成熟したら、私から気持ちを伝えるから」という一言も。
彼女は、「むしろ待っててなんて言わない」後ろ向きな言葉も言ってたけど。

びっくりというか、言葉を失った。
最初はね。
メールを見て愕然としたもの。
でも、彼女は疎遠になりたいわけじゃないし、「待っててとは言えない」といいながらも、待ってて欲しい気持ちはあるだろう、と思ったし、俺自身が待ちたいから、彼女に対して俺の気持ちを改めて伝えた。
まずは、「気持ちを伝えたことで余計追い詰めちゃってごめん」と、詫びてね。
そこでまぁ、二人の気持ちを確かめあった。

お互いに疎遠にはなりたくないこと。
俺は彼女を待つとか待たないじゃなく、彼女の気持ちが熟すためにベストの接し方をしたいこと。
そして、彼女が俺のことをそこまで真剣に考えてくれてることがうれしいこと。
彼女からも、「ほんとありがとう」という感謝の気持ちと、「私からだけじゃなくて、ゆきが飲みたいと思うときも誘ってね」って。

俺、今までノリで付き合ってきた部分ってあるのね。
若さゆえの勢いっていうのかな。
お互いに・・・というか少なくとも俺は、自分本位だった。
相手からも今ほど大事に扱われたことがない。
だって・・・「自分がベストの付き合いをできないから、気持ちが熟したら自分から気持ちを伝えたい」だよ?
そんな不器用でまっすぐな気持ちぶつけられて、受け止めない奴がどこにいる?
ま、一般的な男だったら「めんどくせぇな」って思うんだろうけど、ね。
俺は逆、むしろ嬉しい。
そして俺も、たとえ彼女の気持ちがあさっての方向に向いちゃったとしても、それでも待ちたい。
積極的にね。

そんな感じで絆は強まってます。
その後何度か職場でも会話してるし、メールもいつも通りのゆったりペースでしてる。
そのやり取りの直後に会ったときは、最高の笑顔だった。
今日も、彼女と二人きりになれたんだけどね、5分くらい。
最高の笑顔で迎えてくれたし、そこに邪気はない。

ま、不安はありますよ。
人の気持ちは移ろうものですから。
俺自身の気持ちが維持できるかだって、それは自分じゃわからない。
だけど、今は維持するどころか、どんどん強くなる。
一度気持ちが通じ合ってることを確認しちゃっただけに、焦りも出ちゃうけどね。
だからこその不安、かな。

とりあえずは、ひとつステージを上がった感じかな。
すんごくゆっくりだけど(笑)
これは本物の恋になりそうだよ。
恋というか、愛に近いんじゃないかな。
自発的に自分を後回しにしてでも彼女を思いやるなんて、30年弱の人生で初めてだもの。
もう、とめられない。
このまま、障害を乗り越えていくだけ。
posted by 14da at 00:16| ☁| Comment(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ピンクな二人

本日のBGM:今井美樹「ラブソングは止まらない」from"IvoryV"







名曲です・・・が、恋をしてるときにだけヘヴィローテションになるという不思議な曲です(笑)
失恋直後は絶対に聴かないしね。
でもこれって、恋が始まった最中の心境をうまく表してる歌詞だと思います。
布袋がこの歌詞を書いてる姿を想像すると・・・ちょっと微妙ですが(笑)

前回の日記から、随分と時間が開きました。
忙しかったんですよ、ほんとに。
先月の残業時間、30時間を始めてオーバー。
まぁ、実は先月は計算を俺もマネージャーもミスって、週6勤務の週ができてしまい、その6日目が休日出勤扱いになってしまったんですよ。
それがなければ、残業時間も22時間なんですけどね。
それでもまぁ、出勤日数が少ないのに22時間というのは多すぎです。
そんなに残業するチームじゃないのに。
最終週は悲惨でした。
職場の建物の中に半日拘束されてると思うと、嫌でしたね。
業務の密度が濃いから、ほんとうんざりなんですよ。

あとはまぁ、接待があったりしました。
上野くんだりまで、まずい酒を飲み、酌をして。
仕事で飲む酒は、お互いの肚の探りあいで、実にまずい。
まぁ、その場で一緒になった取引先の人は、電話で話すと以前と態度が微妙に柔らかくなってますけどね。

今月に入って、ようやく落ち着きを見せてきましたね。
ちょっとした変革期に入ってきてます。
クライアントの担当者が代わって、動きが出てきた。
ま、ちょっとやりにくい相手ではあるんですけどね。
例の彼女の上司が過去によく接してたらしいんですが、「あの人は愛情過多だからさ、大変だと思うけど頑張ってね」って言われてたのが、今になって身に沁みます。
で、ウチのマネージャーが結構見切られてしまってて、俺らSVに意見を求められる。
俺らの前で「この人(マネージャー)はほんとダメだからさぁ」って言われても、ちょいと困ってしまう。
そして、ちょいとゲイ疑惑あり(笑)
なのでね、SVに意見を求めるときも、俺なんだよな。。。
俺にそっちの気はありません!!(笑)

でも、なんだか憑き物が落ちたかのように楽になり始めてます。
何かが大きく変わったわけでも、やり方を変えてるわけでもない。
自己主張は、少しだけどするようになったかな。
いかに気持ちよく働くかだけ考えてます。
ちょっとセルフィッシュだけど、そんなもんでしょ。
長居はしない予定だし、社会とはそんなもんだと割り切ることにしました。

そんなこんなで多忙を極めてる間も、例の彼女にはちょくちょく連絡を入れてます。
何かあれば相談するようにというのは、常々伝えてます。
でまぁ、最近また、ちょいちょい話す機会があってね。
とりあえず事前に「辛い気持ちを吐き出さないと壊れちゃうから、飯を食いに行こう」と誘ってはあるんだけど、「今月始めの忙しい時期を越えたら、行こうね」と、向こうから具体的に日程を提示してくれました。
大きな前進。

そして、ちょっとでも二人きりになったときに、仕事の愚痴をこぼしてくれるようになったし、俺に弱さを見せてくれるようになりました。
というのも、ウチのオペレーターさんともちょいちょい話す彼女、俺の部下二人と彼女、俺、という組み合わせで昼飯を食ったことがあったのね。
そこではあまり弱さを見せてなかったんだけど、終盤に二人になったとき、カップ麺をほとんど残してる彼女に俺が、「食欲落ちてるでしょ?」って声かけたんですよ。
「うん・・・家だと食べれるんだけどね・・・」と、か細い声で答えてねぇ。
何とかしたいって、ほんとに思います。
最終的に彼女が乗り越える壁だけど、俺が乗り越えるためにケツを押してあげることはできる。
それでいい。
自分の痛みとして受け止めることはできないけど、共感することはできるからね。

まぁ、そのときにいた一人の部下の女性、この人がまだ入社2ヶ月の新人さんなんだけど、結構仲がいいんですよ。
3児の母で年齢も一回り以上上だけど、ステキな女性です。
その人、すんごく人を観察するんですよ。
うちらSV3人も、よく見てくれてます。
そして、その人の人物評が実に的確。
そんな人が、俺をすごく高く評価してくれてるのね。
仕事もできる人で、色んなコールセンターを渡り歩いてて、誰よりも見る目は厳しいんだけど、その人が、

「14daさんって焦ってるときほど判断力が冴え渡るし、指示が的確だし、だからついつい真っ先に質問しにいっちゃうんだ」

って言ってくれるんですよね。
そして、3人の中で一番この仕事に向いてる、とも。

そんな彼女、女の勘もかなり鋭いそうで。
「あたしが『あっ、この人たちくっつくな』とか、『この二人付き合ってるな』って感じる人、絶対当たるんですよ」と。
最初は「ほんとかよ〜」って思いましたが、俺の性格とか他のSVの性格をズバズバ言い当てるので、今は信じてます。
その彼女がね、先日、4人で飯を食ってたときの俺と例の彼女を見て、「ピンクな雰囲気だった」と言うんですよ。
理由はこうです。
俺が、もう一人のおばちゃんにちょっかい出されてやり込められてるとき、彼女は俺の顔を覗き込むようにして、俺がどんな表情をしてるかを心配そうに見てたんですって。
「14daさんのことを常に気にしてた」との事。
で、更に、「14daさんは14daさんで、彼女とおばちゃんが話してるとき、どういう表情をしてるか常に見てたしね(笑)」なんて言われちゃった。

そういうのを約45分観察して出た結果が、「ピンクな雰囲気」だそうだ。
ま、二人の世界ができてたそうですよ。
例の彼女の人物評も、これまたよく当たってるんだ、これが。
不器用で繊細で、だけど強さもあって・・・なんて具合に見事に言い当てるんだよなぁ。
女性は女性を辛口評価するけど、「あのこ、ほんとに素直でいい子ですね」と。
「何をしてても、喋り方でも何でも、全てがかわいくて、同じ女から見てもかわいいって思っちゃうもん。だから、14daさんなんか男だから、余計かわいいんじゃないの?」って。
嬉しいですね。
彼女の目は裏切らないと思うので、尚更ね。
実際、どんどんと肌で感じる彼女との関係性もよくなってるしね。
「でも、彼女の気持ちが上向くまでは、焦って告白しちゃダメだからね」と、警告も頂戴しました。
俺も弱みに漬け込むやり口は美学に反するし、それがいい結果を生むとは、彼女の性格を考慮しても思えないのでね、それはしないつもりでいますけどね。

まぁ、そんな感じで、まだ付き合ってません(笑)
急いでもいないし、それぞれのペースがありますから。
アネゴには「オトナの恋愛らしからぬスローペースだよね」なんていわれますが、これが俺らのペースですから。
進むときは急激に、だけどゆっくりというペース、嫌いじゃない。
手ごたえはあります。
過信はしないけど。
じっくり育んでいきます。

俺、前の彼女と別れたのが6月頭だってのは覚えてるんだけど、あれ、何日だったかな?
2日・・・だったかな?
ま、そんな感じで、ついにひとりの生活が5年を迎え、6年目に突入しました。
長いな(笑)
彼女も6年くらい一人。
恋愛を休みまくってた二人、どうなるんでしょうね。
だからスローなのかもね、お互いに失いたくない気持ちが先立って。
俺は失う怖さをある程度受け入れてるというか、孤独を受容してる部分があるのでまだしも、彼女は俺以上に不安かもなぁ。
なので、俺から「大丈夫だよ」っていう気持ちを発信し続けなきゃだね。
ま、近いうちにデートまで行かないまでも食事するチャンスはあるので、そこで距離を縮められたらいいかな。
告白のタイミングは、彼女次第。
独りよがりの恋は、卒業です。

明日、食事に行けるかなぁ。
行けるといいなぁ。
まっ、とりあえず仕事だな。
posted by 14da at 18:23| ☔| Comment(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。