2008年11月29日

一期、一会

本日のBGM:渡辺美里「10 years」from"M・Renaissance"







渡辺美里のベスト、いつだったか忘れたけど、ブックオフで衝動買いしたんですよね。
なんかあんまり聴いてなかったんですが、思い立って昨日から随分リピートしてます。
3枚組なので、飽きないですね。
ま、2枚目は夏の曲ばかりを集めてて、この寒い時期に「サマータイム ブルース」なんかを聴いてもテンションは上がらないんですが(笑)
それにしても、「My Revolution」を聴くと複雑ですね。
小室哲哉の迷走がね、もったいなく感じます。
まぁ、音楽をストイックに追求するか商業音楽の道を進むか、そこでアーティストとしての器が分かれるんですけどね。

安室ちゃんなんかは小室の呪縛から離れて大成してますからね。
最近では我らがヒムロックと交流もあるそうで。
やっぱり、繋がるんですよ。
直接の繋がりとしては、安室ちゃんのツアーに、氷室のサポートメンバーであるギタリストの本田毅が参加してて、それでお互いのライヴへ足を運ぶようになったそうですけどね。

さて。
昨日は病院で偶然の再会をしました。
去年の秋から3ヶ月参加していた認知行動療法でご一緒してた男性と。
やっぱり皆さんスケジュールがバラバラなので、診察で会うこともないんですよ。
今年の1月にプログラムを終えて1ヵ月後の経過報告があったんですが、そのときも3人しか集まらなくて、彼も来れなくて、ほんと、去年の12月にプログラムが終了してそれっきりだったんですよ。

彼は研究者なんですが、随分と苦悩してました。
認知行動療法のプログラムをこなすにも苦労してました。
こだわりが強くて、完璧主義者でした。
うまく折り合いをつけるということが苦手で、苦悩していたのが印象的でした。
そして、そのグループワークを引っぱっていた俺としては、彼のその後がすごく気にかかってました。
ふとした瞬間に思い出したりしましたからね。

しかしまぁ、昨日もほんとに不意打ちでね。
俺が病院へ行き、血圧を測って待合室に戻ったんですが、待合室の中でもテーブル席だったんですよ。
そこで、右サイドに随分と臨床心理学の文献が平積みされてたんですね。
「こんなもの読む奴、どんな奴だ?」と思ってたんですが、そこの座席は空席。
人の気配を感じてふと見ると、彼だったんです。
お互いに、「あっ!!」って感じで。

覚えてくれていたのが嬉しかったですね。
そして、お互いの近況報告をしました。
俺は転職にまつわる苦悩、そして、今、管理職として働いていていること、そしてバンド活動は辞めて小説家を目指していることを話しました。
彼は色々あったようです。
仕事をやめ、その後胆石が見つかったんですが状態がひどくて胆のうを摘出してしばらく入院してたそうです。
胆のう摘出もそうすんなりできるわけじゃないんです。
膵臓や肝臓に炎症が広がると、炎症が引くまで手術ができないんですよ。
彼は、「胆石で苦しかったのも精神に少なからず影響してたんでしょうね」と仰ってました。
その後は無職であることを生かし、農業を体験したり、今まで自分がしてこなかったことを積極的に経験したそうです。

なんだか、その話をしている彼の目が、すごく輝いてたんですよね。
生き生きしてたし、前向きに感じられた。
上目線になるわけじゃないけど、ワークの時には一切感じられなかったことなので、それが嬉しくて。
彼が前向きになることに、自分が少し役立ったと思えると、嬉しかったですね。

でまぁ、なんか再会ということ自体が嬉しくて、小説について色々話してしまいました。
というのも、彼は副業で論文のゴーストライターをしているらしいんですよ。
「文章を書く」ということに関しては、同じフィールドにいるんですよね。
俺も珍しく、自分の小説観を開帳しちゃったわけですが、すごく共感してくれてね。
マイノリティを知ってる(肌で感じてる)こと、そして、そのマイノリティのトレンドを柔軟に取り入れようとしていることは素晴らしいし、なんてことを言ってくれたんですが、一番嬉しかったのは、「マジョリティの中に潜むマイノリティのマインドを突き動かすことができるんじゃないですか」という一言。
俺の理想でもあります。
マジョリティに属するマイノリティのマインドを持った人間に訴えかけたいというのは、自分のコンセプトにありますから。
もちろん、脳みその中でだけ疑似体験してもらえればいいんですけどね。
「○○さん(俺)の小説を読んで、会社を辞めちゃいました」なんていうのは、本望ではない。
でも、そういうところを見抜いてくれたのがすごく嬉しくてね。

彼は逆に、俺が無から有を生み出そうとしていること、そしてそのスタンスを羨ましがってました。
「僕はそういうのできないですから。存在しているものを追求することしかできないですから」って。
俺は俺で、「リベラルでジャーナリスティックに文章を書くことができないので、羨ましいですよ」なんて返してみたり。
で、お互いに、「ないものねだりですね(笑)」と笑い合って。

彼は俺に、ゴーストライターとしての名刺を渡してくれました。
まだ連絡をしてないんですが、そのうち連絡したいと思ってます。
この繋がりは大切にしなきゃいけないと、本能的に感じるんですよ。
なのでね、お互いに本名を知らない間柄ですが、これから色々と情報交換ができたらいいと思ってます。

人の出会いというのはわからないものです。
いくつになってもね。
認知行動療法は俺のターニングポイントではあったけど、参加者の方々との繋がりという面では期待もしてなければ、何も求めていなかった。
だけど、ひょんなことでこういう繋がりが生まれる。
人って不思議ですね。
というよりは、やっぱり担当してくれた臨床心理士の先生に感謝すべきかもしれません。
彼女の雰囲気作りが、俺たちを変えてくれたんですから。
参加者の自発的な行動も大きいにせよ、ね。

そんな偶然の再会もあって、すごくハッピーな気分ですよ。
俺ってつくづく、出会いに恵まれてると思います。
これからも、出会う人一人ひとりを大切にしたいと思います。
もちろん、今交流している仲間たちもね。
出会いには必ず意味がある。
たとえ、断絶してしまう未来があってもね。

さて、明日明後日は仕事です。
珍しく土日両方とも出勤なんですよ。
まぁ、朝のラッシュがないので気楽なもんです。
最近随分と電話が鳴るので、疲れそうですけど、ね。
だいぶ余裕は出てきましたけどね。
休日に出かけることができるようになったのは、その証拠です。
最近、休みの日に家に籠ることもほとんどありません。
逆に家に籠ってるとだめになりそうな感じです。

あ、もう1時か。
そろそろ寝よう。
posted by 14da at 01:03| ☔| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

イメチェン大作戦

本日のBGM:島谷ひとみ「Neva Eva」from"Flare"







給料が入り、ずっと買えなかった島谷ひとみのアルバムを買いました。
いいねぇ。
上手い。
表現力が素晴らしい。
エイベックスにいるのがもったいないわ。
というよりも、もっといいプロモーションをしてもらえたらなぁ、と思うんだよなぁ。
もったいない。

さて、更新が滞りがちになってだいぶたちますね。。。
楽しみにしてくださってる方々、本当に申し訳ない。
疲れてるんだよねぇ、やっぱり。
mixiの方が手軽に更新できる(通勤の合間とか)っていうのもあって、そっちは割と更新してるんだけど、PCで更新が基本のここは、なかなか手が回らないことが多いんですよ。
PCを立ち上げないで寝る、もしくはiPodだけ充電しながら寝ちゃう、なんてことが続いてるのでね。
帰ると無条件で寝てしまいます。

ただ、最近は少しずつではあるけれど余裕が出てきましたね。
休日に出かけることができるようになったのは大きいです。
給料が入ったのもあるけど、多分お金に余裕があっても外出してないと思います。
ここ1週間くらいはほんとによく出かけてますね。

でまぁ、日曜日、髪を切ってきました。
半年以上放置してたのでね、もう乱れ放題だったんですよね。
4月にミディアムにしたのに、切る前はすっかりロングになってましたからね。
前髪が邪魔臭いしシャンプーの消費量はハンパじゃないし、大変でした。

とりあえずまぁ、管理職としてロン毛はいかがなものかと思ってたので、思い切って短くしましたよ。
前髪は長めに残しましたけどね。
どうしてもセクシーなヘアスタイルはキープしたくて、前髪は短くしたくなかったんですよ。
ま、長めに残したといっても、鼻の頭より少々短いくらいですけどね。
前みたいに前髪を食うくらい長いわけじゃありませんよ。
トップは自然に立つくらい短いですね。
ロングにこだわってた割に、随分思い切りました。

新しいヘアスタイルは、職場の女性陣には概ね好評ですよ。
エロス全開の新人ちゃんはやたらと絡んできます(笑)
とりあえずちやほやされるのは、やぶさかではない(笑)
まぁ、場を弁えずエロスを出したり、無駄に露出が多い女は興味がないんですけどね。
まして、同じチームの女を弄ぶわけにも行きませんからね。
主婦層を敵に回すようなリスキーな火遊びはね、前にも書いたけどしたくありません。

そして今日、コンタクトを作りに行ってきました。
ちょっとドキドキ。
まずもって、目玉にレンズを装着できるのか、それが不安でした。
とりあえず、店に併設された眼科で検眼。
視力が、下がってなかったんですよね。
むしろZoffで検眼したときよりよかった。
おかしいなぁ、なんて思ってたら、


「眼鏡とコンタクトだと、測定に差が出るんですよ」


と。
コンタクトは直接眼球に装着するので、眼鏡よりも弱い度になるそうです。
なので、コンタクトを作れるギリギリの度でした。
ハードにせよソフトにせよ、使い捨てではないものであればまた違うようですけどね。
俺はどうしても使い捨てがよかったし、ハードだけは絶対に嫌だったので、使い捨てにこだわってました。
ハードは姉ちゃんが大失敗してたので、避けたかったんですよ。

結局、度数の微調整にフレキシブルに対応できる1ヶ月用のコンタクトにしました。
コストはあんまり変わらないのかな、2Weekと。
姉ちゃんにメールしたら、「1Monthの方が安いんじゃない?」って言ってたけど、どうなんですかね。

それにしても、装着は怖かったですよ。
最初は自分でつけず、医者が装着したんですけどね、他人に入れられるのはダメでしたね。
すごい時間がかかって、「まばたき我慢して!!」って何度も言われましたもん(笑)
自分でやったときは結構すんなり行ったんですけどね。
それでも1発で装着できるときとできないときがあります。
外すのは簡単なんですけどね。

それにしても、視力1.0の視界というのは素晴らしい。
クリアですね。
目が疲れないというのは、楽ですね。
街を歩いていても違いがはっきりわかります。
いい感じです。

ただ、今はサンプルでもらったコンタクトなんですよ。
もちろん買ったんですが、3か月分の在庫がなかったので、今日はサンプルしかもらえなくてね。
洗浄キットだけを持ち帰ってきました。
日曜日に取りに行く予定です。
ん、日曜日?
あっ、取りにいけないかもしれねぇなぁ。。。
15時以降じゃないと用意ができないようなんですが、多分昼間から渋谷に出かけるからなぁ。
しくった。
ま、翌日も祝日で休みなので、全く問題ないですけどね。

とりあえず、明日は早起きします。
絶対寝坊できないわ。
コンタクトの装着等々に時間を取られるし、髪の毛のセットの時間も考慮しなきゃならないし。
とりあえず、寝るか。
posted by 14da at 23:53| ☀| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

お別れ前夜

本日のBGM:鈴木雅之「別れの街[1995 a cappella Version]」from"Martini U"





マーチンの曲は夜と酒がよく似合う。
というわけで、晩酌中のわたくしです(笑)
冷えてきたので、久しぶりに焼酎のお湯割りなんぞを飲んでます。
金銭的にかなり厳しくて、ビールを買う余裕すらないと言うのが実情なんですけどね・・・。
自室の冷蔵庫という名の酒蔵に、缶ビールは残り1本。
これで金曜日まで乗り切ります。
ま、冷蔵庫の上に焼酎やらウィスキーやら、結構置いてあるので間違いなくしのげますけどね。

西武が日本一になりました。
超嬉しいです。
昨日の岸のピッチングにも感動したし。
泣きました、はい(笑)
やっぱりライオンズはいいチームだわ。
渡辺久信は名将になりますね、間違いなく。
というわけで今日は、勝利の美酒に酔ってます。

明日は、お局との最後の仕事です。
まぁ、彼女は15日が最後なんですが、俺が休みなのでね。
嫌な思いもたくさんさせられたけど、最後は綺麗に終わりたい。

というのも、彼女がいなければ、今の俺はないんです。
同い年のSVに昇進システムがあるということだけは聞いていたけれど、実際にマネージャーに掛け合ってくれたのは、他でもない彼女なのですよ。
早いうちから俺の実力を買ってくれ、厳しくしてくれた。
彼女の厳しさがなければ、今の職をストイックにこなすこともなかったかなって思います。
感情をぶつけられるとこちらも感情的になりますけど、だけど、仕事に向かうスタンスに関しては、見習うべき点はたくさんあります。
知識を吸収することに貪欲であること、それは俺も昔から持っているとは思いますが、興味のない仕事でもそうであるべきというのは、彼女から教わった部分もあります。

昨日、彼女へ宛てたウチのチームの色紙を配ってました。
皆さん、色々書いている。
昨日は暇だったので、一緒に働いてた道産子SVさん(今後、「アネゴ」とします)と一緒に読んでて、二人でうるうる来ちゃった(笑)
「こういうのやばいよね〜」って話してました。

アネゴとは馬が合うねぇ、ほんと。
その、「泣きのツボ」の話をしてて、「テレビで縁もゆかりもない人の結婚式のドキュメントを観て号泣できるよね」なんて感じで。
仕事の相性もいい。
怒られることもあるけど、すごくやりやすいんですよ。
俺のほうが助けられることはたくさんあるにせよ、俺も彼女が溜めてる仕事をフォローできたり、その補い方が、同い年のSVと比較して絶妙のバランス。
しかも、彼女も読書家でね、そういう面でも色々話ができる。
新婚さんなのでね、なかなかゆっくり話したりできないけど。
伊坂幸太郎を勧められたけど、「今、読書してる余裕がないんで」と拒否ってある(笑)
でも、好き嫌いをしていては俺自身の幅も広がらないので、もうちょっと余裕が出てきたらお借りする予定。
俺もセフレから萬月先生の本を返してもらったら、貸す予定です。
とりあえず「ブルース」と、「二進法の犬」をね。

でまぁ、昨日は暇な上にクレームの電話もなくて、実に平和な一日でしたよ。
午前中、俺はオペさんのチェックをしつつ、大学生の男の子にチェックを教えてたんだけど、そのときにね、新人ちゃんが下ネタ炸裂。
彼女は、前から下ネタが酷い。
前に休憩が一緒になったとき、「あたし、眼鏡かけるとAV女優みたいって言われるんです。ま、裸眼でもAVみたいって言われるんですけどねっ」なんて言い出すしね。
とりあえずまだ知り合って間もなかったので、「あ、あー、そうなんだー」としか返せなかったけど。
基本的に露出の多い服装だし。
27歳だけどね(笑)

でまぁ、以前、俺がアダルトチャンネル専門のガイド誌で女性陣からセクハラを受けてたとき、新人ちゃんは俺を凝視してたしね(笑)
俺の目の前でアダルトガイド誌を読んで、色々と俺にエロネタを持ってきて、しまいにゃ、安田美沙子そっくりで巨乳でどSな古株の女の子は、「14daさん、むっつりでしょ?」だもん。
ま、俺はまだエロスを解放してないので、そういわれちゃうんだけど。
エロスを解放したらとんでもないことになるので、自粛してます(笑)

その別の日、新人ちゃんはすごく薄い生地のワンピースを着てたんですよ。
で、SV席に座る俺に質問しに来た。
俺は座ってたので、振り向いたわけだけど、ちょうどそうすると目線が胸に行くのね。
薄い生地から、ブラのフリルがくっきり浮き上がってるわけですよ(笑)
男を人くくりにしちゃいけないけど、俺は、過度な露出よりもエロスを感じてしまいます。
もうね、目のやり場に困ったわ。
さらに別の日には、胸の大きく開いたカットソーを着てストールをしてたけど、女性SVが近づいてもストールしっぱなしなのに、俺が近づくとストールを外すという色仕掛けもしてきたしね(笑)

そんな伏線と、俺へ向ける視線や、3人のSVの中で俺によく質問してくるというのもあり、まぁ、やっぱり多少は意識しますよね。
そこで迎えた昨日。
昨日の下ネタは、ちょっといただけなかったかな。
管理職として、ね。
ブースで話すには、ちょっと度を越してた。
またアダルトチャンネルの話だったんですが、「このチャンネル、ラブホでよく流れてますよね」って(笑)
ま、俺はあえてノリノリで煽ってみたけど、ね。
素っ気なくしても申し訳ないのでね。
しかし、大学生の彼はどん引きですよ(笑)
「ちょっと・・・、あれはないですよね」って。
ま、俺は、「ありゃ、簡単に股開くな」って答えて、何とか収拾させたけど。

なんだろうね、彼女が下ネタ炸裂させるとき、ほとんど俺がそこに絡んでるんだよね。
偶然なのか誘惑してるのか、判断しかねます。
でも、手出しはしません。
彼氏がいようといまいと、ね。
ないとは思うけど、恋愛関係になれば別ですが。
一夜限りのセックスは、まずしません。
それをやっちゃうとね、必ず露見する。
「あたし、14daさんとエッチしちゃった」って言いふらしそうですからねぇ。。。
そんな事態に陥れば、主婦層と構築してきた信頼関係が崩れてしまう。
性的魅力を感じなくはないけど、信頼を失う要素を孕んだリスキーなセックスはしません。

どうなんでしょうね。
俺を異性としてみてるから下ネタを連発するのか、単なる淫乱娘なのか。
まだ判断できない。
ま、アネゴと昨日横浜まで一緒だったのでそんな話をしたんですが、「どんだけ欲求不満なんだよ」って、あきれてました。
でも、「14daくん、一線を越えてもいいけど、ちゃんと報告するのよ(笑)」って煽るどSなアネゴ(笑)
「それはないですよ〜」って返しておいたけどね。

新人ちゃんが気にならないわけではない。
全然タイプじゃないんだけど、なんだか気になってしまうんですよ。
仕事でもついつい助けてあげちゃうんですよね。
俺、色仕掛けに負けてますね(笑)
いかんいかん。

あっ、もうこんな時間か。
そろそろ寝よう、うん。
今日はさすがに疲れてて、夕方まで眠りこけてたんですけどね。
休みのたびに甥っ子姪っ子が来るので、疲れが取れないんですよね。
今日ぐっすり寝たので、だいぶいい感じです。
posted by 14da at 00:55| ☁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

洗礼

本日のBGM:氷室京介「Be Yourself」from"20th ANNIVERSARY ALL SINGLES COMPLETE BEST〜JUST MOVIN' ON ALL THE S-HIT"







現状を打破したい。
その思いを込めて、この選曲。
「Breakthrough」がテーマの詩なのでね。
だけど、泣けてきたので曲をチェンジ(笑)

今は「Keep the faith」にしました。
しかしまぁ、KAT-TUNが歌うのと違いすぎてね。
氷室が提供したバージョンはアレンジをジャニーズ風にしたとはいえ(氷室じゃない人が)、生の歌が酷いもんねぇ(笑)
なんかの歌番組で歌ってたのを聴いてびっくりした。
氷室ヴァージョンはもちろんアレンジも思いっきりロックだし、歌詞も変えてる。
ライヴでも聴いたけど、とにかくカッコいいですよ、あの曲。
KAT-TUNにはちょいともったいないかもね。
氷室と比較するのがそもそも間違ってるんだけどね。

さて、仕事は忙しいです。
残業は月20時間ほどなので、それほどでもないんだけど。
実働平均9時間半なんだけど、中身が濃い。
今までずっと「使い棄て」の労働者だったのでね、まともな仕事を与えられて、社会人の洗礼を浴びてる感じです。
自分の一言が重みを持っていること、人を管理すること、これの難しさと厳しさを痛感してます。
契約社員といえど、ウチのセンターの中では結構な要職。
ウチの部署って小さいながらも業績はいいのでね、センター内でも割と重要な部署なんですよ。
特殊なところだしね。
一般的な企業の役職で言うところの、係長クラスの役目を果たしてるんですよ。
マネージャーが課長クラスなので、その下だからね。

業務にはだいぶ慣れてきました。
管理職がしなければならない日々の業務は覚えてきました。
まだ、覚えなきゃいけないことはたくさんあるし、オペレーターさんのシフト管理なんかもまだ完全に一人でできるわけじゃないのでね、課題はあります。

オペレーターさんからの質問にはだいぶ答えられるようになってきました。
もちろん、まだまだです。
まだまだ、判断に迷うことはかなりあります。
だけど、数をこなすしかない。
数をこなして知識を増やすしか、成長の選択肢がない。
それを二人のSVさんもわかってるから、最近は俺を敢えて放置してるんですよね。
でも、わからなければいつでも訊け、というスタンスでいてくれてます。
成長の機会を与えてくれてるし、「訊くなら今だよ」という感じで。
俺を認めてくれ、フォローしてくれる彼女たちには、本当に感謝です。
まぁ、それを知ったのが昨日で、最近は色々悩んでたんですけどね。
「二人だけで仕事を進めて、俺は蔑ろにされてるんじゃないか」って擬人暗鬼になってました。

問題は、ありますよ。
ストレスでいつぶっ壊れてもおかしくないくらいです。
新人のうちの一人がかなりの問題児でね。
俺、多分そいつのせいでオペレーターさんのミスを指摘するチェッカーさんの一人から信頼を失いました。
というのも、その問題児は質問をするにはするんですが、こちら(SV)が指示した事をちゃんとお客さんに案内しないんですよ。
案内してても記録に残さないとか、ね。
で、それをチェッカーさんが指摘すると、「SVに確認しました」って、人のせいにする。
下手すりゃ、お客さんのせいにもするんですよね。
酷いです。

でもって、俺はどうも質問を受ける回数が多くて、「14daさんに確認しました」って、言われることが多いんですよ。
それで、チェッカーさんとの信頼関係が危うくなりかけてるんですよ。
自分は正しい指示を出してるのに、俺のせいにされる、実に理不尽です。
で、チェッカーさんは「14daさん、いい加減な指示出してるなぁ」という印象を持ってしまう。
そういうのがあるんです。

とりあえずそれに関しては、同い年のSVが間に入ってくれたんですよね。
その問題児にミスを戻すときに、例の如く「14daさんに言われたとおり案内しました」って言ったらしいんですよ。
で、掘り下げてみたら、彼女の俺に対する質問の仕方(言葉)が悪かったことが発覚してね。
同い年のSVは、「あたしがその質問のされ方をしても14daくんと同じ答えを出すよ。それはあなたが悪い」ってズバッと言ったらしいんですけどね。

そういうのもあって、昨日は同い年のSVと締め作業が終わってから喫煙ルームで長いこと語りました。
俺が抱えてた悩みもぶつけつつ、問題児への対応を協議してね。
「あたしたちは14daくんを悪者にしたくないし、チェッカーさんとの信頼関係を崩したくもないの」って言ってくれてね。
でまぁ、問題児は「対応注意人物」ということで、質疑応答も注意し、ミスのフィードバックも注意しようということになりました。

一人のチェッカーさんの態度が冷たくなったことの原因がわかって、ほっとしました。
その問題児には、殺意を覚えますけど(笑)
これから、失った信頼は回復していけばいい。
挽回のチャンスはいくらでもあります。
問題児に毅然とした態度を取ること、それが先決です。

で、とりあえず明日、問題児に俺がミスを戻す予定です。
俺が絡んでる案件なので、通話記録を確認した上で、ぐうの音も出ないように周到に準備をして、厳しくフィードバックします。
これ以上、そいつのせいで俺の威厳が損なわれては困ります。
自分を守るためですよ。
悪いですか?
くだらない問題児の嘘八百で俺の信頼が失われるなんて、馬鹿げてる。
だいたい、お客さんに迷惑をかけてる以上、管理職としては厳しく指摘しなければならない。

時は、満ちた。
ずっと優しく接してきてたけど、そろそろ強さを見せる時期が来た。
優しいだけじゃ、管理職は勤まらない。
気遣いは必要だけど、怒ることもまた仕事。
実際、チェッカーさんをはじめとして他のオペレーターさんに迷惑をかけてる危険分子を放置できません。
明日、もしかしたら問題児の出方次第では激昂しそうな不安を孕んでますが、とりあえずは厳しく叱ります。

そんな色んなストレスがあり、もう、心身ともに疲れ果ててます。
酒を飲む元気すらなかった。
昨日なんか、夕飯も食えなかったしね。
痩せましたよ。
ま、痩せる分には今のところ問題ないんですけどね。

家庭内でもいろんな問題がありますが、とりあえず今日は割愛。
寝ますよ。
明日は定休日明けなので、忙しいはず。
疲れも抜けてないし、さっさと寝ます。
posted by 14da at 23:35| ☁| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

一人ジャズ・バー

本日のBGM:Miles Davis「So What」from"Kind of Blue"







バーに行くお金がないので、ここはひとつ、自宅で疑似体験。
ま、一人でバーに乗り込む勇気もないんだけど(笑)
なかなかねぇ、敷居が高いよね。
しかも、町田ってバーがあんまりなさそうだし。
横浜あたりはいっぱいあるらしい。
先輩SVが旦那さんとかなり行ってるようで、「色々あるよ」って言ってました。
一番のオススメは本牧らしいけど、本牧はアクセスがあんまりよくないのでね・・・。
今度連れてってもらおうかな。

彼女のことは、すごく尊敬してます。
仕事ぶり、人格、そういうところをね。
大人です。
包容力もあって、実にアネゴ肌だし。
心の中で「アネゴ」と呼んでます(笑)
まぁ、結構サディスティックだけど、害のあるサドではないです。

さて、昇進してから1ヶ月が経とうとしています。
もう1ヶ月ですか。
成長してねぇなぁと思う、今日この頃です。
わからない、もしかしたら成長しているのかも。
自分で気づいていないだけでね。
ベテランの主婦の方々が、俺に質問してくれることが増えてきた。
それは、少しずつ信頼を得ているということなのかもしれません。
だけど、まだまだ質問にあわてることも多々あるのでね、精進が必要です。

ストレスは、ありますよ。
もちろん、「そんな質問が飛んでくるんだろう?」というプレッシャーもあります。
だけどまぁ、問題児(元SV)の陰湿ないじめが一番かな。
完全なるお局ですよ。
ものすごくいびられてます。
詳細は割愛します。
書くことで、また思い出してしまうので。

俺、彼女と接するとパニック症状が出ちゃうんですよ。
嫌悪感がすごすぎて(笑)
俺の中で、そのお局クソ女は、全否定ですから。
人格から全てね。
元々仕事のやりかたが気に障る人ではあったけど、実害が及ぶとね、やっぱり怒りも増します。
立場が逆転したとはいえ、元上司なわけで、あんまり強く出れないしね。
それを逆手にとって新人SVいびりをするので、たちが悪い。
「死んでしまえばいい」と思うなんて、実に珍しい。

だけど、概ね順調です。
先輩SVの二人はすごくいい人たちだし、悩みも聞いてくれる。
「溜め込まないようにね。いつでも聞くから」って、常に気にかけてくれてます。
仕事に対するスタンスというか、やり方が合うし、連携も取りやすい。
オペレーターさんも概ねいい人たちが揃ってるし、雰囲気もいいです。
って言うか、そのお局がSVを辞めて俺と入れ替わってから、雰囲気が変わったかな。
俺のおかげではないですね。
お局が退いたからです。
理不尽に怒鳴り散らす管理職は、上に立つ資格はないですから。

で、昨日ようやく、管理職の証である、ピンクのストラップを頂戴しました。
ウチの職場は、首からぶら下げる社員証のストラップの色で役職を見分けるんですよ。
普通のオペレーターや派遣の人は灰色、上級オペレーターは蛍光緑、SVはピンク、マネージャーは黒、という具合に。
ピンク紐がようやく到着。
それがこちら↓





081101_1716~01.jpg





真新しくて、しかも硬くて、なんだか「新人」って感じです(笑)
だけど、昨日ヒモをもらうまでずっと灰色で仕事をしてたのでね、これでようやく、という感じですかね。
試用期間はまだまだ続きますが。
他の部署の人からも、このピンクヒモで「こいつはSVなんだ」って判別してもらえるし、それは悪いことではない。
とりあえず昨日マネージャーからもらった紐ですが、なんだかメダル贈呈式みたいでしたよ。
ヒモを取り替えて、首にかけてもらっちゃいました(笑)

しかしまぁ、昨日は始めてクライアントと仕事の話をしました。
ウチの部署担当の人と。
挨拶だけはしたけれど、仕事の話をしたのは初めてですね。
緊張しました。
社会人としての第一歩という感じですかね。
今までは使い捨てだったので、そんな仕事もせずに生きてきたし。
マネージャー同伴でその人のところへ行ったんですが、まぁ、合格点をもらえました。
ちょっとしたクレーム案件で、クライアントに判断を委ねるというものだったんだけど、そのクレームの経緯を説明する必要があって。
説明がどうしても長くなりがちなものだったんだけど、マネージャーに、「今の説明でよかったよ」と言ってもらえました。

とりあえずまぁ、仕事から帰るとすぐ寝てしまいます。
酒を飲むと秒殺(笑)
だもんで、最近まともにPCを立ち上げてませんでした。
今、やっぱり辛いですよ。
鬱の症状は落ち着いてますが、ストレスは否めない。
白髪は一段と増えたし、お局とやりあった日は必ず手にストレス性の湿疹が出るし。
ま、お局とも10日に働けばお別れなんですけどね。
早く消えて欲しい(笑)

ま、そんな感じで元気に働いてます。
骨を埋める仕事ではないにせよ、楽しいです。
早く仕事になれて、小説を書く余裕ができれば、申し分ない。
そのために、精進します。
posted by 14da at 23:17| ☁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。