2009年03月08日

奪ってなんぼ??

本日のBGM:SIXPENCE NONE THE RICHER「Kiss Me」from"SIXPENCE NONE THE RICHER"






この曲は・・・俺らの世代が高校生とか大学生とか、そのあたりだよね。
高校生、かな?
随分昔だなぁ。
なんだかもう、甘酸っぱい思い出が蘇ります。
ただ、なかなかCDのストックから出てくることも少ないです。
少なくとも恋がうまくいってなかったり失恋した後は、眠ります(笑)
時々聴きたくなって出しますが、今は、そんな感じです。

相変らず、騙し騙し働いてます。
時折危険なときもありますが、まぁ、概ね順調です。
責任感の賜物でしょうね。
嫌でも責任を背負ってますからね、そうそう休めません。
投げ出したくなることもありますが、ま、心地よいプレッシャーです。

プライベートはというと、そんなに充実してません。
一人のことが多いです。
先日、たまたま研修で新宿に出たので、大学時代の友人を誘って飲んだくらいですかね。
あ、あと今月の頭にまた部下を誘って飲みに行きました。

でまぁ、その部下との飲みですが。
先日は、大学生の男の子と例の、時々パンチラする女の子の3人だったので、新横浜で。
この3人だと新横浜という選択肢もあるんですよね。
みんな乗り換えなしで帰れるので、うってつけです。
新横浜は勝手知ったる場所なのでね、俺にとっても。

それでもって、そのパンチラ娘がね、新横浜駅から飲み屋へ行く道すがら、大学生の男の子がちょっと離れたところを歩いてたときに、

「今日は帰りたくないなぁ」

なんて言う。
そんな昭和な台詞、久しぶりに聞きました(笑)
しかし、これに反応してしまうのが、男の性です。
とはいえ、大学生の男の子もいたし、何しろ彼女が次の日は仕事だったのでね、

「ま、俺明日休みだし、付き合うよ〜」

なんて、軽い感じで終わらせたんですけどね。
飲み自体は楽しかったんですが、浮かない表情の彼女。
体調が悪いのかと思い、二人になったときに「体調悪い?」とか「何か悩みある?」とか、訊いてしまった。
今考えると、「帰りたくない」をスルーしたからって線もありえるなぁ、なんて思います。

最近というか、先月の中旬に彼女がインフルエンザで体調を崩してた頃から、しばらくメールをしてなかったんですよ。
今はまた、メールしてますね。
1日1通、眺めのメールを送りあい、受け取った翌日や夜にお互いに返信をするというような感じで、さながら交換日記(笑)
でもまぁ、最近メールというものをあんまりしないのでね、楽しいです。

それで、あれは昨日のメールか。
俺が月曜日に髪を切って余計痩せて見えるというような話題になってるんですが、

「ウチ来てご飯(彼女の手料理)食べます?っていいたくなっちゃいます(汗)」

なんてぇ文言があったんですよ。
誘ってんのか?
とりあえずまぁ、

「ん、ご馳走してくれるの?ほんとに行っちゃうよ〜」

って、冗談めかして返信したんですけどね。
その返事がつい今しがた来ました。
細部まで詳しく読んでませんが、そのご馳走の件へのリアクションは、

「ほんとに来たらうちのわんこ(彼氏)がでっかい餅焼きますよ(笑)」

ってものでした。
これまた解釈が色々できますなぁ。
完全に断ってるわけじゃねぇし。
っていうか、試されてる??

とりあえず彼女には彼氏がいるし、上司と部下という間柄も手伝って、特別な感情を抱くに至ってません。
しかし、嫌いじゃない(笑)
フリーだったら行ってるかも知れないなぁ。

そんでもって、先日の本社研修、実は同い年の同僚も一緒に参加したんですが、そのときにそんな話をしたんですよ。
まだ、「帰りたくない」発言があった時点でしたけどね。
「いいんじゃん?狙っちゃえば?」って(笑)
おいおいって感じだったんですがね、土曜日にも俺に出会いのかけらもないなんて話になって、
また、「もう、狙っちゃいなよ」って。
しかも、

「アネゴが言ってたけど、『男は奪ってなんぼだよ』って言うし、彼氏いても関係ないんじゃない?あたしだったら彼氏いるけど、なびくよ」

なんて、まるで俺を煽るかのような発言(笑)
アネゴの言葉は重いよなぁ。。。
色んな経験(遊びも含め)を経て36で結婚したアネゴの言葉は、経験が物語ってるだけに、重いです。
そんなこともあり、ぐらついてる今日この頃です。

ただまぁ、彼氏がいるというだけで門戸を閉ざすのはどうかと思うわけです。
彼氏がいたってうまくいってるとも限らないわけで。
その彼女も、彼氏との付き合いは長いんですが、最近、同僚からもたらされた驚愕の事実があるんです。
彼女の彼氏は、その彼氏の元彼女の家に居候してるんだって!
相関図がめちゃくちゃですがここで表記できないので、頭の中で作ってください(笑)
でも、男目線でも女目線でも、健全な男女が二人で一つ屋根の下暮らしてたら、何もないわけがないですよね。
まして、過去に恋愛関係にあった男女ですから。
俺がその彼氏の立場だったら、絶対元彼女とセックスしますよ(笑)
その関係性は、彼女と同期の40代のおばちゃんに「あんた、それでいいの?」と口酸っぱく指摘されてるそうです。

そんなのがあると、ますます迷いますよね。
「これ、奪っていいんじゃねぇの?」ってね。
彼女の幸せは彼女が決めるけど、いい結末が待ってるとは、俺には思えないし。

実際、研修後に飲んだ大学時代の友人にもね、「行くしかないんじゃない?」って後押しされてるしね(笑)
そういうもんですか?
俺、彼氏のいる子にアプローチしたことがないので、その辺がよくわかりません。
「不倫しといて何言っちゃってんの?」とか、そういうツッコミはいりません(笑)
しかしまぁ、「帰りたくない」という発言だけならばどうってことはないが、この、食事(彼女の手料理)云々のくだりや彼氏との関係性のくだりが出てくると、迷いますよね。
この前飲んだ友人よ(名前は伏せます)、この記事を読んで思うところがあったら、メールしてくれ(笑)

さっき、風呂上りにロクシタンでもらった試供品のフェイスクリームを塗ったら、お肌つやつやです。
ハリも違う。
アンチエイジングのために、ちょっとお金をかけてもいいかもしれないなぁ。
とりあえず、寝るか。
posted by 14da at 23:19| ☔| Comment(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうは返事したかった。
Posted by BlogPetのみんみん at 2009年03月11日 16:29
ひゃ〜〜〜可哀相だねぇ〜その子。
救ってあげちゃう?(笑)
Posted by @こめこ at 2009年03月25日 17:52
>こめこさん
いや、憧れてた女性からアプローチを受けたので、今回の記事の女の子はもういいです(笑)
いつ何時急接近があるかわからんものですねぇ。
気を抜いちゃダメですね。
Posted by 14da at 2009年04月02日 01:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。