2005年11月01日

キスの温度

とろけるように甘く

木漏れ日のように暖かい

あなたのキスの温度から

愛の深さを感じるの

ねぇ もう一度キスして

心地よいキスの温度を感じたいの

ねぇ もう一度キスして

あなたの愛をめいいっぱい感じたいから・・・
posted by 14da at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | hitori-goto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

ヒカリ

目指すべき場所もなく

深い闇の中一人佇む

古い荷物はもう捨てた

俺に遺されたものは何もない

闇を照らす一筋の光

あれは幻なのか

行こう 光に向かって

たとえその先に絶望が待っていようとも

行こう 光に向かって

その先に希望があると信じて
posted by 14da at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | hitori-goto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

夢を見ていたの

あなたの夢を

あなたに抱かれている夢を

まだ肌寒い冬の明け方

そっと抱き寄せてくれるあなた

あなたのぬくもりが私を優しく包み込む・・・

醒めないで わたしの儚い夢

このままずっとあなたを感じていたいの

夢ならば そう 夢ならば

このぬくもりは永遠だから
posted by 14da at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | hitori-goto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

秋のニオイ

乾いた風の匂いが鼻をくすぐる

またやってきた秋

この匂いはまた僕をブルーにさせる

情熱的な夏が終わり

秋は突然やってくる

夏に出会った君は

もう僕の隣にはいない

海水浴のシーズンのように

突然いなくなってしまうんだ

ああ、愛し君よ

今、何をしているんだろう?

ああ、愛し君は

遠く離れた土地で誰かと一緒なのかい?

僕は相変わらず一人だよ

だけど、寂しくなんてない

君との思い出が

今も胸に蘇るから


posted by 14da at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | hitori-goto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

Freedom

俺はどこへ行くのだろう

当てもなく彷徨い

目指すべき場所もない

君は自由でいいよね

人はよくそう言うけれど

自由などどこにもない

自由って何だろう?

何をもって自由と言うのか?

俺のことを自由だと思うのは

俺が敷かれたレールの上を走ってないから?

それが自由だというなら大きな間違いさ

よく考えてごらん

誰もがみな何かに縛られてるということを

よく考えてごらん

君も何かに縛られてるということを

よく考えてごらん

この世の中に自由なんて存在しないのさ



posted by 14da at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | hitori-goto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。